業者に依頼して害虫駆除をしてもらう│生活を脅かす害虫

一軒家

駆除しないと

白鼻芯

野生の動物の中には人や農産物に被害を与える害獣と呼ばれる動物がいて、この害獣にはハクビシンも含まれています。このハクビシンとはネコ科の動物で牙や爪がありますので、襲われる危険性がありますので早めにハクビシン駆除をするようにしてください。ハクビシンは個人で勝手に駆除をしてはいけないという法律があるため、駆除をするのであれば各市町村の担当部署に駆除するための申請を行なう必要があります。それだけではなく、駆除や捕獲するためには狩猟免許が必要になりますのでハクビシン駆除を行なっている業者に依頼しましょう。駆除以外には自宅から害獣を追い出すという方法があって、追い出すだけならば市町村の許可は必要ありません。煙で燻して追い出したり忌避剤を散布したりして追い出すことができるでしょう。ですが、この方法は効率の良い方法で行なわないとまた自宅に戻ってくることがありますので注意してください。

ハクビシンはネコ科の動物ということで、可愛いから駆除せずにそのまま放置する人がいます。ハクビシン駆除をせずにそのまま放置すると、様々な被害が起きてしまうので注意してください。ハクビシンは自宅の屋上や床下に住み着いて、家の中を走り回るはずです。この害獣は夜行性ですから、深夜になると激しく動き回るため睡眠妨害されてしまいストレスが溜まってしまうでしょう。それだけではなく、ハクビシンは同じ所にフンをするという習性がありますので、屋根裏に住み着くとそこでフンをしてしまいます。フンをすることで家の中に悪臭がしてしまい、快適な生活を送ることができなくなってしまうのです。また、大量のフンの重みで天井が抜け落ちてしまうという被害もあるので注意してください。このような被害が起きてしまう前に、早めにハクビシン駆除をするようにしましょう。